変形性膝関節症が起こる年代|加齢に負けない対処方法

膝

中高年の女性に多いです

サプリメント

加齢で起こります

年齢を重ねると日常的に膝が痛むことがあります。朝、膝がこわばる、立ち上げるのが困難、歩くと痛みが出るなど、痛みを伴った症状が毎日続きます。これは、変形性膝関節症といわれる関節の病気である可能性が高く、特に閉経後の女性に多いのが特徴です。変形性膝関節症は、膝関節のクッションである軟骨がすり減り、膝の関節に炎症が起きたり、関節が変形したりします。加齢で軟骨の再生スピードが低下し、骨と骨とがぶつかり合うような状態になるので、激しい痛みが出るのです。さらに加齢による筋力の低下も変形性膝関節症を促進させてしまいます。50歳以降に患者数が増加し、ひどく悪化した場合には手術で人工関節を入れるなどの治療が必要になります。

有効な運動療法

変形性膝関節症は、スポーツなどの外傷によっても発症しますが、加齢によるものが非常に多くなっています。治療法としては、湿布で患部の炎症や痛みを抑えることから始めます。炎症や痛みが治まってきたら、医師や運動療法士の指導のもと、筋肉強化の筋トレを行います。関節部の筋肉で骨を支え、動きをスムーズにするのです。チューブを足にセットして、曲げ伸ばしを行ったり、片足立ちをしたり、軽い負荷で毎日足を鍛えます。無理をすると痛みが再発するので、無理は禁物です。ただし、症状がひどい場合には運動は行えません。膝を切開して、人工関節にする手術が一般的です。ただ、手術後も痛みが出るケースがあり、実施には精密な検査が必要です。

加齢とともに注意が必要

レントゲン写真

変形性膝関節症の特徴は最初は突っ張りやこわばりですが、次第に痛みが発生し最終的には歩行困難となります。変形性膝関節症の治療を受ける理由は余生を楽しく過ごすためであり、自分の足で歩く事が若さの維持にも繋がります。

Read More

膝に痛みを感じたら

健康補助食品

変形性膝関節症は、早期に発見すれば、手術などをしなくても運動やお薬で改善できる病気です。歩行時や階段の昇降時などに膝に痛みを感じたら、年齢のせいと決めつけずに専門医に相談することをおススメします。変形性膝関節症は、決して治らない病気ではありません。

Read More

高齢者に多い病気です

人体図

変形性膝関節症は、加齢とともに膝の軟骨がすり減って痛みが生じる病気です。進行すれば日常生活に支障が出ることもあります。予防するためにはウォーキングなどの運動やサプリメントの摂取が効果的です。グルコサミンやコンドロイチン、コラーゲンなどがおすすめの成分です。

Read More